【PR】





【お知らせ】

偽サイトにご注意ください。

弊社ハーブ茶屋はYahoo!ショッピング、Amazon、herbchaya.com以外で販売はしておりません。

--------------------------------
★2019年10月1日より消費税増税と郵便料金の値上げに伴い送料・手数料が一部変更となります。
ご注文の際には、ご確認お願いします。


●宅配便送料⇒770円

●代引き手数料⇒440円

●定形外郵便発送⇒タベブイア茶1袋のみ


尚、商品につきましては価格変更はございません。

--------------------------------

・7/17(水)、7/18(木)は休業とさせていただきますのでこの期間の発送、お問い合わせは翌日~となります。

※夏季休業期間は、8/10(土)〜8/18(日)までとさせていただきます。

この期間の発送、お問い合わせは8/19~となります。


--------------------------------
★初めてご購入のお客様は、代金引換は利用不可とさせていただきます。

--------------------------------
★クレジットカード決済ご利用のお客様は⇒【ハーブ茶屋 Yahoo!ショッピング店】をご利用ください。

お支払いについて
お支払いは銀行振込、郵便振替、代金引換がご利用いただけます。
配送について
★配送は宅配便/レターパックなど/定形外郵便【タベブイア茶1袋のみ】でお届けいたします。
(一部地域により他の業者を利用する場合もあります)
★配送業者はご指定いただけません。
★ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の翌日発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。

【宅配便料金】        北海道・本州・四国・九州                     一律770円(10/1~770円)          沖縄と周辺の離島                        1200円

【定型外郵便】        (タベブイア茶1袋のみ)               全国一律料金:400円    日時指定・代金引換はご利用いただけません。

【代金引換】         全国一律料金:440円(10/1~440円)     +送料がかかります。
営業日(土日祝休み)
  • 今月(2019年10月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    翌月(2019年11月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    (      発送業務休日)
営業時間について
ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お問合せはメール・FAXにて下記の時間帯にお願いします。            平日 10:00〜17:00   ※土日祝祭日はお休みをいただきます。        メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。
プライバシーについて
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。          当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

Archive for the ‘茶の紀元’ Category

茶の紀元

茶の紀元~現代・祖先の知恵の見直し

貴重な遺伝子資源(新薬開発へ)!! アマゾン薬用植物探索へ!!

秘境アマゾンには新薬と成り得る遺伝子資源が眠っている!!

緊急を要するような事態には西洋医学が飛び抜けた力を持っています。

外科手術、放射線治療、化学療法、抗生物質、化学合成薬、どれもが切れ味鋭く、且つ即効性があり、誰もが納得する治療です。

今後も近代医学治療の主役であることは間違いありません。
しかしながら西洋医学がパーフェクトかとなるとそうではないと言わざるをえません。

それは西洋医学万能の時代でありながら、癌の死者数は増加の一途ですし、薬剤(化学合成薬)や抗生物質の使い過ぎによるMRSAなどの薬剤耐性菌の出現、さらに新種の病気や未知なるウィルス、菌の出現がここ近年に頻繁に発表されるようになりました。

相手(ウィルス、菌、悪性細胞、他)を強く叩けば叩くほど相手もまた生き残るすべを見付け薬剤が効かなくなるということがよくあります。

このことから近年、欧米の研究者は自分達が先導してきた西洋医学治療だけでは治せないことに気づき、南米(先住民族)やアジア諸国の伝統的医療(祖先の知恵)を見直すきっかけともなりました。
(下記、ナスカ社リサーチより)

 

ガンの死者数
(日本)
糖尿病患者数        (推定) C型・B型肝炎感染者数        (推定)
1950年 6万4000人
1981年 16万4000人
1998年 28万3900人
2001年 30万0658人
2002年 30万4000人
2003年 30万9000人
2006年 33万0000人
2008年 34万3000人




患者数 境界型 合計数
740万人 880万人 1620万人




  C型肝炎・B型肝炎、感染者数推定
  400万人以上

NHKテレビ特別番組で医療では世界最先端のアメリカ国立ガン研究所の「ゴードン・クラッグ博士」の話から。

我々は地球上 の生殖物、海洋生物、バクテリア、菌類を60万点保有し研究してきたが癌やエイズなどその他細菌性の病気に対して特効薬と成りえるものは無かった。

しかしアマゾンの植物はまだ1%しか研究していない。

残りの99%の中に特効薬の基になる遺伝子資源が発見される可能性が非常に高いのです。

(現在世界で使用されている薬剤の25%は植物から抽出した成分を化学合成したものなのです)                                 ゴードン・クラッグ博士談

下記新聞によると「日本人(縄文人)と南米アンデス人」が同じルーツだということです。

このことから南米原産のハーブもまた日本人の体質にとてもよく合うことが判ります。

★これまでに縄文人の流れをくむ人々が長く住んできたとされる九州、北海道と南米アンデス地方の在住者に、共通タイプの「HTLVーI」を見つけているが、今回新たに、南米チリ北部で見つかったミイラから採取された「HTLVーI」ウィルスのDNAを調べた。
この結果、九州に住んでいた鹿児島県の人と同じタイプのHTLVーIを持っていることが分かった。
これにより、アジアに住んでいた祖先が氷河期に陸続きだったベーリング海峡を渡り、南米に到達したとする説が改めて裏付けられた。

人類と茶との出会いは極めて古く中国の著書「茶経」(760年頃)では紀元前2700年頃とされています。

 また、中国漢方医学の祖で伝説的神である神農が茶葉を使って病気を治したという記述も残っています。

 このようにお茶は最初「薬」として利用されていました。

 日本の茶の歴史では、遣唐使や僧侶などが中国から持帰ったとする説が有力で、書物によると729年に宮廷でお茶が飲まれていたことが示されており、このことから奈良時代には日本に伝わっていたと考えられています。

 お茶は当初から薬として利用され、非常に大事な貴重品として宮廷人や京の貴族などごく限られた人しか飲めませんでした。

 その後、僧侶栄西によって茶が広まり、著書「喫茶養生記」の中で「茶は養生の仙薬なり」と記しています。

 仙薬とは色々な成分が入っていて、それが相乗作用して効果をあげるもののことで、栄西は「薬は1つの病気にだけ効くもの、茶はいくつもの病気や万病に効く、あるいは予防するもの」の観点で茶の効能を説いています。

 お茶が一般庶民の口に入るようになったのは江戸時代からで、この頃から茶は嗜好品という認識になってきたようです。

アマゾン地域でも古代から植物の樹皮や葉、根などを煎じた茶は薬として利用され、伝承されてきました。

 近年になり先進国の研究機関がアマゾン植物に注目し研究の結果、多くの薬効成分が発見されています。

 南米アマゾンのジャングルにはカビやコケを寄せ付けない(殺菌力が非常に強い)植物が数多くあり、現代の医学治療に役立つ物としてさらなる研究がなされています。 つづく。